海外配送サービスEMS利用規約

この利用規約は、有償による海外配送サービス(以下「本サービス」といいます。)を規定します。本サービスを利用されるお客様は必ずお読みください。デジタル・エスタンプ株式会社(以下デジタル・エスタンプ)は、お客様が本サービスをご利用いただくことによって、本利用規約に同意したものとみなします。

第1条:定義

この利用規約において使用される用が語の定義は、次の通りといたします。
  • EMS(国際スピード郵便)とは、日本郵便株式会社(以下「日本郵便」といいます)が提供する国際郵便サービスをいいます。
  • 本サービスとは、デジタル・エスタンプでお買い上げ頂いた商品を、EMSを使用して海外発送するため、デジタル・エスタンプがお客様に代わって有償にて日本郵便に引き渡すサービスをいいます。
  • 差出人とは、本サービスをお申込みになるお客様ご本人をいいます。
  • 受取人とは、郵便物を受領する者で差出人が本サービスお申し込み時に、EMS送り状の「TO」(お届け先)欄に、記載された宛先をいいます。
  • 郵便物とは、デジタル・エスタンプでお買い上げいただいた商品を、梱包し、EMSを使用して発送するものをいいます。

第2条:ご契約に際しての注意事項

お客様が本サービスをお申込みになられることにより、お客様は「利用規約」および「万国郵便条約」、全てに同意したものとみなされます。「万国郵便条約」は以下Webサイトをご覧ください。

http://www.upu.int/en/the-upu/acts/acts-in-four-volumes.html (English)

http://www.houko.com/00/05/H07/014.htm (日本語)

郵便物の差出人は、お客様ご本人となり、お客様と日本郵便との契約になります。 デジタル・エスタンプはお客様のご注文商品を梱包して日本郵便に引き渡し、日本郵便にEMS料金を支払う業務までを代行するものです。 EMSご利用に関する最新の情報は、日本郵便Webサイトをご確認ください。

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index_en.html (English)

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index_cn.html (中文)

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index.html (日本語)

デジタル・エスタンプにご注文頂いたもの以外は、本サービスの対象外とさせていただきます。

第3条:免責事項

  1. 本サービスにおける郵便物の差出人はお客様ご本人とあり、お客様と日本郵便との郵送契約となります。デジタル・エスタンプは発送に関する受付業務を代行するものです。デジタル・エスタンプはご注文いただいた商品を梱包して日本郵便に引き渡し、日本郵便にEMS料金を支払う業務までを代行するものです。
  2. 郵便物を発送した後、受取人による受取拒否、本サービスに関わる必要書類において差出人が記載した受取人住所・氏名が判読不能、書類不備、架空住所・架空人、転居先不明その他の理由により配達不能となった郵便物がデジタル・エスタンプに返送された場合は、デジタル・エスタンプはその裁量により合理的と判断する期間(但し30日以内とします)に限り、差出人に通知するために商業的に合理的な努力を行います。差出人に通知した後、デジタル・エスタンプは当該郵便物を廃棄、もしくは、差出人が指定する日本国内の受取人に限り、着払い便(日本郵便)にて発送を行います。当該努力をしたにも関わらず差出人への通知ができなかった場合は、当該郵便物を差出人、あるいは受取人に再発送することはいたしません。その後デジタル・エスタンプの所定の期間経過後は、デジタル・エスタンプは当該郵便物の廃棄を含め、その裁量により判断した任意の方法に従い、当該郵便物を処分する権限を有するものとします。上記のいずれの場合もデジタル・エスタンプは何らの補償を行いません。

第4条:注意事項

  1. 返金について
    EMSを使用し、郵便物を発送した後の代金の返金は、いかなる場合も致しかねます。
    1. 着地国の関税について
      郵便物が着地国に到着後、関税、消費税、通関手数料等が課せらろ事があります。その場合、受取人は各国の法律に基づき諸手続きを通じて、諸費用を現地でお支払い頂きます。贈答品として発送する場合でも、受取人の負担となります。

第5条:受け取り

受取人は郵便物の受領時は、すみやかに開梱し内容物の確認を行ってください。 内容物の一部が亡失、又は損傷した郵便物が受取人に配達された場合は、デジタル・エスタンプは3条1項に定めるデジタル・エスタンプの代行業務に故意又は過失による不履行があった場合を除き一切責任を負いません。EMSにおけるクレームは差出人もしくは受取人において、現地の郵便局にお問い合わせいただきます。その際、受取人もしくは差出人は、郵便物を現状のまま保存し、現地の郵便局へ内容物の不足、破損等を申し出をしていただく必要があります。詳細は現地の郵便局にお問い合わせください。

第6条:損害賠償制度

EMSの損害補償制度によって、万一、郵便物が破損、紛失、盗難にあった場合に備え、お客様のデジタル・エスタンプからの購買額に応じた保険料金が本サービスの料金に含まれており、購買額を限度とする実損害額の賠償を受ける制度があります。賠償は万国郵便条約の加盟国における郵便局から差出人に対して支払が行われます。

郵便物に破損、紛失、盗難が生じた場合は、受取人もしくは差出人ご自身が現地郵便局にご確認いただくか、あるいは本利用規約に記載した「お問い合わせ」までご連絡をお願いします。郵便物に関する調査請求または追跡請求は郵便物を日本で本サービスのお申込日の翌日から起算して、6カ月以内に請求する必要があります。また、EMSにおけるクレームは、証拠写真を数枚撮影頂いて、現地郵便局への提出書類に添えて提出する必要があります。

具体的な請求手続や提出書類の詳細に関しては、受取人もしくは差出人ご自身にて現地郵便局のコールセンターにお問い合わせください。

デジタル・エスタンプの責任は、本サービスである3条1項に定めるデジタル・エスタンプの代行業務に故意又は過失による不履行があった場合で、その責任の範囲はいかなる場合も直接的損害に限定され、かつお客様のデジタル・エスタンプからの購買額を上限とします。

EMSの損壊補償の詳細は日本郵便Webサイトにてご確認ください。

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index_en.html (English)

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index_cn.html (中文)

http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index.html (日本語)

第7条:サービスの中断

デジタル・エスタンプの合理的な支配を越える事由により生じた、差出人の郵便物の滅失、毀損、または郵便物の発送の開始または継続ができなかった場合には、デジタル・エスタンプはいかなる責任も負いません。

デジタル・エスタンプはいかなる場合も次の場合には責任を負いません。

  • 郵便物が宛名国の法令に基づいて差し押さえられた場合
  • 差出人が賠償金を受け取る目的で不正の意図をもって行動した疑いがある場合
  • 差出人からの郵便物の郵送停止、返還、受取人変更の依頼がなされた場合において、デジタル・エスタンプがこれに応じる事が出来ず、それに起因して損害が生じた場合。

お問い合わせ先

  1. 郵便物を受け取り後のお問い合わせ先

    海外郵便局のリンク先

    https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/link.html (日本語)

    https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery/link_en.html (English)

    https://www.post.japanpost.jp/int/ems/delivery_cn.html (中文)

  2. 日本国内のお問い合わせ先(日本国内用)

    日本郵便お客様サービス相談センター

    日本語:0570-046-666(通話料有料)

    English:0570-046-111(通話料有料)