加藤直之|Naoyuki Katoh 2018年9月21日 新作追加

2018/09/21
by デジタルエスタンプ 運営事務局

DIGITALESTAMPE.comでは、2018年9月21日より、加藤直之氏の作品に新作の2作品を加え新たに販売を開始いたします。是非、ご覧ください。

 

加藤直之|Naoyuki Katoh 作品はこちらから

奥行きと陰影を楽しむオリジナルアート

本商品は、複数のアクリルに印刷された絵画を重ね合わせ、ひとつの作品に仕上げたもので、独特の透明感や奥行き、光の加減によって変化する自然な影を楽しむことができる、オリジナルアート作品です。

王の短剣 The King's Dagger

 

加藤直之氏による長剣と短剣の擬人化のオリジナル作品から、今回は「王の短剣」が登場。実寸さながらの短剣が自然な影を落とし、見る度に異なる表情をみせる作品です。

<商品仕様>
アクリルプリント(複層構造)、シルバーフレーム仕上げ

<商品サイズ>
約 W:237mm×515mm

作品ページをみる

金の絵 Picture In Gold

 

SFA89年2月号表紙で使われた作品を、スピンオフバージョンとして加藤直之氏が本作品のためにリメイク。繊細な衣装の下に、褐色の女性の肢体がわずかに透ける、美しい作品です。

<商品仕様>
アクリルプリント(複層構造)、ゴールドフレーム仕上げ

<商品サイズ>
約 W:350mm×490mm

作品ページをみる


加藤直之|Naoyuki Katoh 略歴

装画家武部本一郎に影響され、SFイラストレーターを志す。千代田デザイナー学院在学時に同人会SFセントラルアートに入り、スタジオぬえ設立メンバーのひとりとなる。テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』ではぬえのメンバーと共にメカデザイン作業に参加した。

1974年、早川SFコンテスト・アート部門に1位入賞し、早川書房の「SFマガジン」やSF小説の表紙絵や挿絵を描き始める。文庫版『宇宙の戦士』のパワードスーツのイラストは日本のSF界に大きな影響を与えた。また、『銀河英雄伝説』では宇宙艦艇をデザインし、アニメ版のメカニックデザインも担当した。

日本SF大会にて、1979年(第10回)、2008年(第39回)、2009年(第40回)、2010年(第41回)、2011年(第42回)、2014年(第45回)、2017年(第48回)の通算7回星雲賞(アート部門)を受賞している。

1997年、日本出版美術家連盟大賞を受賞。 SF・ファンタジーを中心に、作品世界をリアルに描出する画風が特徴。小説以外にパッケージアートやポスター、広告なども手掛ける。水彩画やアクリル画に加え、1990年代以降、意欲的にコンピュータグラフィックスによる2D/3DCG作品も制作。現在はアナログ/デジタルを併用して作品を描いている。

自転車好きとしても有名。


加藤直之|Naoyuki Katoh 作品はこちらから